ソファーに座ったままウエストシェイプ

①上半身をまっすぐに背もたれにもたれないようにしてイスやソファーに座ります

②上半身を右側にひねり、両手で背もたれをつかみそのまま数秒キープ

③左側も同様に行います

④左右それぞれ10回位を目安に行って下さい

鼻のニキビ跡改善方法

 日頃気をつけるべき事

鼻のニキビ跡には通常のニキビケアと同様にこれ以上悪化させないためにも、
不潔な手で触ったり、指でいじったりしないようにしましょう。
また日頃から睡眠や食事などにも気をつけましょう。
特に肌のターンオーバーが活性化する夜22時~2時の睡眠は
「お肌のゴールデンタイム」と言われるほど大事です。
喫煙や、飲酒、日焼け、メイクをしたまま寝るなどは
お肌の老化を進めることになるだけでなく、
ニキビ跡の新陳代謝も行われにくくなってしまいます。
22時までにはメイクをオフして常にベストな肌状態をキープしましょう!!

ストレスを倍増させちゃう習慣

・冷たいものを摂る問いが冷え交感神経が活発になります。
 これは副交感神経が働くからなんです。
 厚すぎると真逆の交感神経が働いてしまうので、ベストは体温程度のぬるま湯です。

・食事をすると副交感神経が働いて消化吸収をはじめるのですが、
 早食いをしてしまうと交感神経を働かしてしまいます。
 これは良く噛まないことが原因できちんと食べ物を噛んで食べると唾液腺が刺激され唾液がたっぷり出ます。

美容パワーがつまった食材

<納豆>
納豆には保湿効果を発揮してくれるポリグルタミン酸という成分が含まれています。
この成分はヒアルロン酸の約10倍も保湿力があるので肌本来の潤い機能を回復してくれる効果があります。
肌を若返らせるには表面の古い角質などを取り除くことが1番!!
納豆菌に含まれるポリアミンは基礎代謝を高めてくれて、新しい細胞を作るお手伝いをしてくれるそうです。

オリーブオイル+小麦粉で毛穴ケア

<小麦粉パックの作り方>
・大さじ一杯程度の小麦粉と同量の水を加えます
・なめらかになるまで混ぜて完成です

<パックの仕方>
・毛穴の汚れなど気になる部分にオリーブオイルをなじませたあと、
 ぬるま湯で洗い流してタオルで軽く水気を拭き取りましょう
・小麦粉パックを肌にのせ伸ばしていきます
・5~10分程度で乾いたらぬるま湯で洗い流していつものスキンケアを

※「表面が乾いてきたな」と思った程度で洗い流すといいです

美白しているのに白くならない理由

美白=白くなると思い込んでいる人は少なくないと思います。
本来の地肌以上に白くすることはできません。
美白コスメはシミ、ソバカスを少しでも食い止めるか、薄くするものです。
シミを作らず白く戻すには、美白ケア、ビタミンC摂取、紫外線対策を徹底!!
紫外線により肌が酸化して黒くなります。
抗酸化力の強いバナナを食べると紫外線対策にいいと言われています。

肌力がアップする食事ルール

お肌トラブルとは無縁の美しいお肌を実現すつためにはやっぱり毎日の食事と睡眠は欠かせません。

お肌にいい食事は難しいと思われがちですが簡単です。

何をいつ食べるかをちょっと意識するだけでもお肌の力をアップさせることができると言われているのです。

美肌を育む食事方法を紹介します。

 
 ・旬の食材を美味しくいただきましょう

 ・バランスよく食べて美肌成分を吸収

 ・暖かいものは冷めないうちに

キレイなお肌を作るための3つの食事ルール、色、バランス、タイミングなどを
意識して美味しく食べながら理想の美肌ケアにも役立てて下さい!!

むくみ目を解消しよう

・3点ツボ押しで血行アップ 
 目の周りの血行を促進するツボを押すと効果的です。
 眉頭の下のくぼみ、眉毛の真ん中あたりの眼球の間のくぼみ、
 こめかみの3ヵ所を薬指の腹を使い、3秒でゆっくり押して、
 3秒でゆっくり離します。

お水で女子力アップ

お水は常温で飲むのが一番!!冷たい水は脂肪燃焼を妨げると同時に
胃腸への負担も大きくなるため消化も悪くなります。
朝起きてご飯を食べる前に、すぐにコップ1杯の水を飲みましょう。
起き抜けの水は体内の余分なものを排出するデトックス効果があります。
代謝のいい痩せ体質を作るためには
最低1日1.5リットルのお水を飲むのがベストです!!

腸内環境を整える食べ物

・発酵食品を意識して食べる

 ヨーグルト、キムチ、ぬか漬け、みそ、納豆などの発酵食品は

善玉菌の栄養源となる乳酸菌を多く含むため、腸内環境が良くなります。

・たっぷりの水を飲もう 

1日1リットル~2リットルの水分をたっぷり摂ろう。

・食物繊維を摂る

 腸の動きを促して腸内善玉菌を増やしてくれます。

ブロッコリー、さつまいも、ごぼう、大豆など。